Nullyのぶろぐ

仙台で働くエンジニアの日記

iPod Nano 6世代で裏技?

裏技というほど大仰なものではありませんが、個人的に好きな「隠しなんちゃら」の類のものを見つけたので簡単なまとめをば。

私が使っているiPod Nano 6世代目のオレンジを使っています。

買った理由は「保有率がすくなそう」ってだけですw

極力かぶらないような努力をしています(いらない努力)

で、裏技みたいなものの紹介です。

で、なんなの?

iPod iTermです。

なにそれ?

iPodに組み込まれているiPod専用のコンソール窓です。

iPod Nano5世代目からついていたらしいのですが、全く知りませんでした...。

何ができるの?

コンソール!と聞いただけで、ネットワークのなにやらをできるかと言われるとそうではありません。

一種の専用端末で、iPodの状態をチェック・操作することができる内部アプリ(?)です。

へー。

いや、へーって...。

もうちょっと掘り下げると、イヤホンの右と左に分けて音が出ているかのチェックFMスキャンだってできます!

GUIでも出来るんですけどね...。

やり方

ここから行う操作は初期化を含んだ操作になりますので、予め初期化してもおkだしぶっ壊しても文句いわないよ!という方のみ行ってください。

責任は持ちません。

まずはiPodを上のリンクから購入準備します。

準備したらまず、左上の音量マイナス(マイナス)ボタンと、右上の電源ボタン(電源ボタン?)を長押しします。

すると、いつものリンゴマークが出てきます。

で、この時点ですでにiPodの内容は初期化され、内容が無いよう!た状態になります。

初期化

初期化が完了すると時間が狂っていたり音楽が消えていたりするので、そうなっていれば次の段階へ。(ならなくても行けるかも)

次の操作でiPodiTermが起動します。

左上のマイナスボタンとプラスボタンと右上の電源ボタンを長押しします。

するとまたリンゴのマークが出てきますが、消えた後すぐにちらっとだけ英文が表示されます。

その後以下のような画面が表示されます。

iPodiTermの画面

この画面が出てすぐ、プラスボタンかマイナスボタンを押さないとすぐにiPodのホーム画面へと移動するので、操作してみたい方はどちらかを押すと操作が行なえます。

実際に操作してみた

Audio設定画面

単にイヤホンテストしただけ!

片耳ずつ聞いてやればどっちが悪いかなんてのはすぐわかりますけどね...w

iPodiTermをいじくり回した後にiPodホームに戻りたい場合は、最初の画面まで戻り、「Standby」を選択することでiPodiTermを終了し、電源ボタンを押すと起動し直します。

最後に

これを実行したことによってiPodぶっ壊れた!とかその他諸々については一切責任は負いません。

すべて自己責任でおこなってください。

それとRemoteって項目があるようですが、これはリモート接続できるってわけではなさそうでした。

多分iMacとかについてくるちっちゃいリモコンでの操作とかに使う設定かな?

と、言うことで、裏技のようで裏技じゃない様な機能を紹介させていただきました。